ふるちゃんのこんかつ no.1 | 大家の学校

ふるちゃんのこんかつ no.1

福島県郡山市。人口30万人の東北の小都市。

郡山駅から南へ車で10分のところにあるのが小原田(こはらだ)というエリア。

 

小原田は、かつては村で、広範囲だった。

ふるちゃん家は、小原田村で農家を営んできたが、

50年前頃から、農家から大家業に転換を始め、転換完了後、ふるちゃんは大家業を継ぐために、実家に戻ってきた。

そして3代目の大家になったのである。

 

ふるちゃんの最近の夢は、

「愛のある大家さんになる」こと。

そして、温もりのある棲家を通して、小原田の温もりのあるまちが続いていくこと。

 

それには、まずふるちゃん自身が愛のある暮らしを自分で体験するために、結婚することが重要だ。

そう、ふるちゃんは3代目大家なのにまだ独り身なのである。

 

ふるちゃんは、約1年前、マンションの空き部屋1部屋を、リノベーションをした。

柄にもなく「イケてる部屋にしたーい!」と思ったのだ。

 

かつての部屋↓(2DK 55㎡)

 

こんな感じになった↓(1K)

ふるちゃんは

「めちゃカッコイイ!

ここを貸すのはもったいないな〜。

色々な人に、こんなリノベもできると見てもらえるようにモデルルームにしよう!」

と思った。

 

ところが、ふるちゃんはせっかくリノベした部屋を活かせずに1年が過ぎてしまったのだ。もったいない。

 

そんな中、大家の学校へ通うことになったふるちゃんは、大家の学校の遠足で、仲間たちに 部屋を見てもらった。

そこでみんなは思った。

「この部屋の活用方法は、ふるちゃんのこんかつ部屋だ!」

 

ちょうど時が同じ頃、ふるちゃんにお見合いの話が舞い込んだのだ。

ふるちゃんにとっては願ってもない絶好のチャンスだ!

 

先日、お見合いを終えたふるちゃんは思った。

がんばろう!

 

 

 

 

お問い合わせ


関連記事